外環道トンネル掘削工事を2年間凍結決定! (^ν^ リニアの工事も今すぐ凍結すべきだな

1:2021/03/05(金) 21:56:49.62ID:GsEbUcdU0
外環道、トンネル掘削工事を2年凍結 調布の陥没問題で一部区間 地盤補修を優先
2021年3月5日

東京外かく環状道路(外環道)のトンネル工事ルート上にある東京都調布市の住宅街で、
陥没や空洞が発生した問題を受け、東日本高速道路はシールドマシンによる掘削工事を一部区間、今後2年間凍結し、地盤補修を優先する方針を固めた。
複数の関係者が明らかにした。
関越道と東名高速をトンネルで結ぶ事業の完了は、大幅に先送りされる事態になった。

2年間凍結するのは、東名側から北に掘り進めてきた「東名北工事」と呼ばれる
2本のトンネル工事のうちの東日本高速が担当する南行きトンネルで、
工区は世田谷区大蔵―武蔵野市吉祥寺南町の約9キロ。
残る6基による工事再開については今後、判断する。
同社の有識者委員会(小泉淳委員長)は先月、陥没や空洞の発生に関し、
シールドマシンの施工ミスと現場の特殊地盤が要因とする調査結果を発表した。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です