バルセロナのグリーズマン、中国のウイグル人への弾圧に抗議でHUAWEIとの契約を打ち切る

1: ななしさん 2020/12/12(土) 07:46:18.91 ID:3eeuHQxi0

バルセロナのフランス代表FWアントワン・グリーズマン(29)が、中国ハイテク企業大手ファーウェイとのパートナーシップ契約を打ち切った。中国によるウイグル人イスラム教徒への扱いに抗議するためだという。

国連の推定によると、100万人以上のウイグル人やその他イスラム教徒が、新疆ウイグル自治区で拘留されているという。また8日付米紙ワシントン・ポストは、ファーウェイがウイグル人イスラム教徒を検出するとアラートを発する顔認識ソフトウエアを開発していると報じていた。

ファーウェイはグリーズマンが契約を打ち切ることについて「悲しい」とした上で「我々の技術は民族を認識するためにつくられたものではない。非差別は我々の企業としての価値観の中心にあるものだ」と説明している。

グリーズマンは17年からファーウェイのアンバサダーを務めていた。また今年初めにはメッシもアンバサダーに就任している。

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です