【うわあああああ】サウジ記者●害で5人●刑判決 皇太子側近は不起訴で釈放

1:2019/12/23(月) 19:50:31.70ID:DCaouSKn9 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019122300932&g=int

サウジ記者●害で●刑判決 皇太子側近は不起訴で釈放
2019年12月23日19時45分

 【カイロ時事】サウジアラビア検察当局は23日、政府を批判してきたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏が昨年10月にトルコにあるサウジ総領事館内で●害された事件で、裁判所が起訴されていた5人に●刑判決を下したと発表した。

 検察によると、●害への関与が疑われたサウジの実力者ムハンマド皇太子の側近で、事件後に解任されたカハタニ元王室顧問は、捜査対象となったが不起訴となり、釈放されたという。カハタニ氏は事件に深く関与した首謀格とされており、責任追及を免れたことで国際社会の批判が高まる可能性がある。

3 2019/12/24(火) 09:00:24.08ID:dGph6+kt0EVE

だったらジャバくらい瞬●しとけや

141:2019/12/23(月) 23:20:00.94ID:HHkXKivb0

>>140
名前と国籍を変えてUAEにでも飛ばされるんだろ

129:2019/12/23(月) 23:01:30.60ID:1onRshYQ0

東京裁判に関して

 起訴、昭和二十一年四月二十九日(天皇誕生日)
 審理開始、同五月三日
 判決、同二十三年十一月十二日
 ●刑執行、同十二月二十三日(皇太子誕生日)
 日本国憲法に関して
 公布、昭和二十一年十一月三日(明治節、明治天皇誕生日)
 施行、同二十二年五月三日(東京裁判審理開始日)

フィリピンの本間中将裁判であれ、東京裁判であれ、終戦後に
日本国民が初めて迎える紀元節と天長節(天皇誕生日)にそれぞれ判決をなし審理を開始している。

そして、連合国最高司令官司令部(SCAP)において
東京裁判と日本国憲法制定が、ばらばらに進行していたのではなく
両者は不可分のものとして同時並行させていたことは、日付けから見ても明らかである。
東京裁判の審理開始の日から一周年の同じ日が、日本国憲法施行日とされている。
さらに、その内容は、先に述べたように、東京裁判の起訴状を日本国憲法が補強し裏付ける関係に立つ。
日本国憲法の特に「前文」を読まれたし。
前文は、日本を戦前と戦後に分断し、戦前は「人類普遍の原理に反する」と宣言している。

このことを更に裏付ける文書がある。
それは、GHQの30項目にわたる検閲指針である
この検閲の根拠は、GHQの発した放送遵則と新聞遵則であるが、驚くべきはその遵則の内容だ。

99:2019/12/23(月) 22:50:45.54ID:1onRshYQ0

>>98
◆「淫乱な女王」の汚名

powered by Auto Youtube Summarize

Author: kokohenjp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です